記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回早押女王決定戦に行ってきました。①

どもども、おーちゃんです。
今日は第1回早押女王決定戦に行って参りました。

もう、日をまたいでしまうとたぶん書くのがめんどくなるので、当日の勢いのままに書いてみます。
(ちなみにこの大会のコンセプトとかラウンドごとのルールなどは、こちらをご覧いただくとして)

ところで、競技クイズなるものの世界に足を突っ込んでからようやく1年経とうとしておりますが、「クイズイベントって女子少なくない?」とたまに思います。まぁ、クイズ人口自体が昔っからそんな感じみたいなのですが、私が普段お邪魔しているラボクイズも割合的には1:9とか2:8くらいかなと。

だからと言ってクイズの女子人口がもっと増えるべきとか、もっと女性の社会的地位を上げるべきとか、女性ばかり育児休暇を取ってるのはとか、保育園落ちた日本死ねとかは全く思わないのですが、普段少ない女子の人数でクイズをやってると、常日頃から「女子だけのクイズ大会があったらぜひ参加してみたい」なんて思ってました。

で、「そんなのあるわけないですよね~」と思いつつネットを彷徨っていると、意外にあっさり見つかりました(何事もやってみるもんだ)。そんなわけで、やりたいことへの行動はここ最近ムダに早くなったので、とっととエントリー(してから家族に了解を取るスタイル)。

で、当日(今日)。
会場についての感想は「クイズ女子ってこんなにいたの?!Σ(゚д゚;)」。なんと、総エントリー数49名だったそうで。すごい。北は北海道から、南は鹿児島からの参加者がいらしたそうで。どんだけクイズ熱高い系女子がいっぱいいるんだ。

そんなこんなで1Rのペーパー開始。2R通過は上位20名(上位通過の人はそれに応じたアドバンテージあり)。それ以下の人は、残りの20名の枠を掛けての早押し勝負のラウンドへ。

わたしは本当にペーパー苦手マンですので、落ちるの覚悟で取り組みましたら案の定落ちまして、早押しチャンス4回をモノにして、2R進出をかけての勝負となりました。

で、初っ端から思いました。

「皆様、指が速過ぎるΣ(゚□゚*)」

いや、コンセプトが「女性限定の指勝負」ですから、そりゃそうだろうと今なら思うのですが、とにかく1Rから皆さん、問題の序文で押す押す押す。(゚Д゚ll)ヒィィィィ

「洋服で表と裏の/」
「リバーシブル」
「コーヒーで生クリームを/」
「ウィンナコーヒー」

1、2回目のラウンドではこんな感じで何とか1〇ずつつけて上の組に行けたのですが、次の組で

「バレーボールにおいて/」
「アタックライン!Σ(゚◇゚ )」」
「…どちらかのチームが8点及び16点を先取した時に取られる…」

説明しよう!初心者は得意ジャンルが来ると、これは取らなきゃと焦るあまりワケのわからないポイントで押してしまうのだ!( ゚д゚)+

ということで正解は「テクニカルタイムアウト」。
ここでひと休みになり、そのまま残留。
次の展開で焦ってみたものの、わかる問題が回って来ず、わかった問題は押し負けて、あっさりと1R敗退。

さーて、早くもヒマになったぞ?<(・ω・)>
(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。