記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の特性を考えてみた

昨日は「はじめて卒業ナイト3」でございました。

こちらはおなじみ古川洋平さん主催の「はじめてのクイズ」を卒業したOBOGの皆さん対象のクイズイベントなんですが、昨日は全然勝ち抜けられず、チームに全然貢献できず、何ならはじめてのクイズ9の時と同じ感じで、帰り道こっそり(でもないか)落ち込んでおりました。

先月の原宿杯以来、ちょいと気持ちが抜けていたり、勉強をサボってたり(それだろ)といろいろ理由はあるのですが、どうも私、「短期間勝負にめっちゃ弱い」んだろうなぁと思ったのです。

昨日のは2〇2×での3人勝ち抜けというラウンドばかりだったのですが、卒業組ばかりだけあって、皆様指が速く、タンタンタンと早めに決着してしまう事が多かったのです。

私はどうしても、耳と指と雰囲気に身体が慣れてくるまで時間がかかるらしく、「お、エンジンかかってきたぞ」と思えるのが毎度ラウンド後半くらいになってしまうといいますか…。

特に1×ルールの方が向いてるとは思わないのですが、だいたい毎度誤答ペナ重めのコースを選ばざるを得ないのは、指の遅さと場馴れの遅さにあったりします。
3〇1×とかだと、皆さん指が慎重になり場が長めになるので、まだチャンスあるんだよなぁ…と思ったり。
ま、何にしても勉強不足だなと思ったのと、ちょっとたるんでた気持ちにスイッチが入りました(遅い)。

それにしても、やっぱりラボでクイズをするのは楽しいな~と思いました。
何か、悔しさを含めての楽しみといいますか。
あのアングラな空間で、大人たちが一生懸命クイズをやってるというのが楽しいといいますか。
部活みたいなあの雰囲気とか、知り合いになった皆様との交流が、毎度嬉しくてたまらない。

また来月、再来月とクイズイベントが続くみたいなので、ありがたや。
今年もたくさんクイズイベントに参加できたらいいなと思います。
そして、もうちょっと強くなりたいものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。